社長の気になるコラムと新着情報

NEWS
コロナ後の新形態を考える

エイベックスや電通が本社ビルを売却するというニュースは皆さまも聞かれたと思います。

一見、コロナ禍における赤字補填の為だと報道されていますが、その裏にはコロナ後の新事業形態を素早く読み取った方針ではないかといわれています。

これまで本社ビルに集まって行ってきた業務をテレワークに変更したところ、業務やその効率に影響が無かったことが判明し、結果、都心の一等地に高い固定資産税や巨額の維持管理費を払い続けることに合理性が見出せなくなったということです。本社ビル売却後もそのまま賃貸としてそこで業務を継続する。しかも今まで使っていた面積の半分しか使用しないということがそのことを物語っていると思います。

事態の最先端の経営者ゆえ、コロナ禍の今、都心の一等地に本社ビルを持つことの価値観が変化したものと思われます。

また現在の不動産売却価格が、最高値だと判断したのかもしれません。

弊社のお客様の中でも、いろいろと収益物件を所有されている方が、所有物件をこのタイミングですべて売却された方がいらっしゃいます。この方も現在売却価格が最高値と判断して、今後のコロナによる不動産価格への影響を考え、ここで一度すべて売却による利益確定をして次のタイミングを見るということでした。

今後やがてコロナは収束する時が来ると思いますが、終息後は以前通りの生活ではなく新しい生活スタイルが確立されると思われます。不動産の持ち方や投資の仕方も大きく変化すると思います。

 

 

 

 

 

投稿日:2021/02/08