離婚する時の不動産はどうする? | 岡山市北区周辺の不動産をお探しなら有限会社クリエイトハウスにお任せ下さい。

岡山の不動産ならクリエイトハウス

営業時間9:00~18:00定休日水曜日 隔週日曜・祭日

社長の気になるコラムと新着情報

NEWS
離婚する時の不動産はどうする?

結婚後にすれ違いやこんな人じゃなかったと後悔して一緒に暮らすのが苦痛になり離婚を考える方は多いと思います。残念なことに離婚という結論を出した方に離婚時の不動産の取り扱いについて私なりの考えを書きます。

弊社のある岡山市においても最近特にご相談が多い内容の一つです。

 

岡山市の弊社にもよく寄せられる相談が離婚後の生活拠点についてです。今の持ち家を離婚後にどうするかという相談です。これはその相談者の内容によってさまざまなパターンがあります。

 

離婚するとき、夫婦が不動産を所有していたら、その不動産についても財産分与する方法を考えなければなりません。

 

財産分与とは、夫婦が婚姻中に協力して築き上げた共有財産を、離婚時に夫婦それぞれ分け合うことをいい、不動産の財産分与も1/2ずつ分与するのが原則です。但し特有財産は別です。特有財産とは、夫婦のどちらか一方が結婚前から持っていた財産または婚姻中であっても夫婦の協力とは無関係に取得した財産のことを指します。この特有財産は、夫婦の協力とは関係がないため、財産分与の対象にはなりません。

 

ではこの財産分与についてですが不動産についてお話しします。

 

不動産は物ですので1/2といっても2つに分けるのは難しいですね。そこでこの不動産を分ける方法は大きく分けて3つあります。

 

  1. 夫婦のどちらかがその不動産を取得して相手方にはそれ相応の対価を支払う方法

夫婦のどちらかがその不動産を取得して相手方にはその不動産の価値価格の1/2を支払う方法で夫婦のどちらか一方だけが不動産を取得すると相手に不公平となりますが、不動産の価値価格の1/2をお金で支払うことによって相手の権利分を補い、公平に財産分与することが可能です。

この方法は離婚後不動産わ単独で所有することになり、将来的に売却したり賃貸することが容易になりますが、1/2の対価を現金等で支払うのが困難な事でもあります。

  1. その不動産を共有名義にする

不動産は2つにわけることは土地を除いて困難でありますが共有として所有することは可能です。但し許攸という形を選択した場合、その後に売却したり賃貸に出したりという場合にお互いの意見が合わずそれを調整するのは至難の業で現実的ではありません。

  1. その不動産を売却後現金化して分ける

離婚に伴う不動産の財産分与で一番多く利用されているのが不動産を売却後に現金を分与する方法です。

不動産を売却する場合には登記費用や仲介手数料、売却に伴う税金等様々な経費が掛かります。その経費を差し引いて残った手取りの額を通常分与します。

ただし、その不動産に住宅ローン等が残っている場合には注意が必要です。売却額よりローンの残高が少ないと大丈夫ですが、その逆であった場合、売却価格よりもローン残高が多いオーバーローンの場合はその差額を現金にて補填しなければ売却できません。

無料不動産相談会実施中!!

弊社では只今無料にて不動産の相談を受けたまっております。(秘密厳守)

・不動産の相続について

・離婚による不動産の取り扱いについて

・住宅ローンの支払いが困難な方(任意売却等)

・住宅の住み替えについて

・その他

些細な事でも大丈夫です。全力でアドバイスいたしますのでお気軽にお問い合わせください。

ご連絡は電話でもメールでもかまいません。LINEでも大丈夫です。

電話086-224-0700 メールinfo@createhouse.co.jp

岡山市北区京町1番25号 クリエイトハウス

こちらからでも大丈夫です。無料相談




投稿日:2022/02/15